2006年5月16日火曜日

この星の一等賞になりたいの、卓球でオレは。

  • ドッグヴィル観ました。「ドッグヴィル」という小さな村の話。ラース・フォン・トリアーの作品は『ダンサー・イン・ザ・ダーク』に続き2作目だったんだけど、前作同様、劇中主人公が村人から受けるひどい仕打ちにはほんとにいたたまれなくなった。ただ前作と比べると、より考えさせられる内容だった。この印象はたぶん今、コミュニティーについて勉強していることも多分に関係していると思う。また撮り方がおもしろかった。スタジオの床に家や道に見立てた白線を引いただけのセッティング。ドアも壁もないが、役者はあたかもそれが存在するかのようにふるまう。そのため村で起こる出来事はすべてつつぬけ。まさに「コミュニティ」をテーマにした物語にマッチした装置。こんな実験的な撮り方は大歓迎です。


  • ドッグヴィルを返したときに、「ピンポン」を見つけたの思わず借りる。ドッグヴィルのダークさに対する反動。これはなにも考えず純粋に楽しめた。軽快な音楽と個性的な俳優陣。やっぱり竹中直人は好きだ。あの濃いキャラはどの映画に出ても変わらない。ストーリーを思い返してみると、あまりにもありがちなスポーツ映画だけど、見ているときは楽しめたからそれでいいじゃない。

    そこんとこよろしくっ。

4 件のコメント:

k-humming さんのコメント...

中村獅童とかアラタとかなかなかいいキャストですよね。誰でしたかね?部長役の人かなり好きなんです。あの人も基本的にどれに出ててもキャラかわらない。

cucum さんのコメント...

あの人もおもしろいねー。どっかで見たことあるけど、名前は知らない人。でもやっぱりおれは、バタフライ・ジョーこと竹中直人が好きです。

匿名 さんのコメント...

Interesting website with a lot of resources and detailed explanations.
»

匿名 さんのコメント...

I find some information here.