2006年12月23日土曜日

西荻へ

今日は、西荻窪まで自転車で行ってきました。
自宅のある府中から西荻まで自転車で道に迷ったということもあり片道ほぼ2時間。
さすがに途中で後悔しましたね。自転車をこぎ始めて1時間経ったころ、まだ道のり半分ってとこでさすがにこりゃしんどいなって思ったのですが、ここまで来たら引き返せないなぁと思い、結局行っちゃいました。
足はパンパンになるし、そしてなによりもお尻が痛い。ママチャリで計3時間半はきつかったです。

たまにこんな冒険をふとしたくなってしまうんですよね、子供のころから。

でも、西荻に行くまでにちょっした出会いがいくつかありました。

途中まで高校時代の通学路を通ってたのですが、見慣れている景色の中に、完全に周りから浮いたカラフルな建物がきゅうに現れました。


ど~ん!
カラフルな四角と円の集合体。これ、住宅なんです。いやー楽しげですね。ここに住んだら毎日が楽しいかも。それにしても、これ見たとき、ウィーンで見たフンベルト・ヴァッサーを一瞬思い出しましたよ。屋上に植物が育ってるし。

あとでわかったのですが、これは荒川修作+マドリン・ギンズの設計で、「三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller」。この住宅にはブログがあるので、興味をもった方はこちらで。
中がどうなっているのか非常に気になりますね。

そして、その後、先を進むと、あのラピュタに登場する巨人兵に遭遇!

ず~ん!


そうです、ここはジブリ美術館。その屋上で巨人兵が道行く人たちを見下ろしてました。


そもそもなんで西荻まで来たかというと、遊工房というアート施設を見るため。ここは、アーティスト・イン・レジデンスという施設で、レジデンス施設をもったスタジオ、そしてギャラリーが併設されてました。
現在、ここでは。北アイルランドのアーティストを紹介する「交差」展が明日23日まで開かれてます。

いやぁ、ひさびさに運動しましたね。
でも、いい出会いがあっとこともあり、心地よい疲れを感じております。

4 件のコメント:

k-humming さんのコメント...

あけましておめでとー。
今年もよろしくー。
年末はお世話様でした。
ブログRENEWになってるねー。
それにしてもすごい家。
確かに楽しそうだ。色がすごいねー。
でも左の家がなんだか悲しそうでもある。
それにしても3時間半かチャリかー。
やるねー。
僕も学生時代往復5,6時間の建築日帰りチャリの旅をしたことあるよ。
でもその日その美術館閉館日やってん。
あがーー。

cucum さんのコメント...

どもーーー。
今年もよろしくね。
長距離自転車はケツが痛くなるね。
でも、しんどい思いまでして行った美術館がやってないとなるとかなりへこみますな。お疲れ様っす。

chiaki さんのコメント...

はろう。なんかふとUpocoのブログのリンクをたどってきてみたのです。このコメントすら読んでもらえるかわかりませんが、、、、
地元の話題なので、思わず書き込まずにはいられませんでした。荒川周作の私写真でしかみたことないんだよね〜。どうなんだあれは?
私も君くらいの時自転車で実家から羽田までいったよ。帰りが死にそうだった。
あと、吉祥寺に住んでる子と用意ドンで自転車ででかけて、真ん中(と思われる地点)にはやく着いた方が勝ちとかやったよ。アホだね。
ちなみに当時は二子玉川まで自転車は当たり前だったよ。府中市民は自転車族なのかな?
ちなみに今は車だ。

Rikiya さんのコメント...

はじめまして。

ジブリ作品に「巨人兵」というキャラクターはいなかったと記憶しております。
似ているものに「風の谷のナウシカ」にで世界を焼き尽くす生物兵器の「巨神兵」があります。
しかし、ジブリの森美術館の屋上にあるのは「天空の城ラピュタ」でラピュタを守る「ロボット兵」ではないでしょうか。

この記事を参考に間違った知識を得る方が増えると危険だと思います。
お早目にご確認の上、訂正されることをオススメします。